So-net無料ブログ作成
大人の憧憬 ブログトップ

絶版名車・・・TOYOTA2000GT [大人の憧憬]

私のブログにも貼ってある『TOYOTA2000GT』は、私の憧れのスーパーカーであった。

TOYOTA2000GTとは・・・・

ヤマハ発動機がヤマハが日本初ツインカムエンジン開発及び生産、それをトヨタに話を持ち込み、トヨタ自動車が販売した1967年5月から1970年8月までの3年3ヶ月で337台がハンドメイド生産された高級自動車である。

ちなみに当時の2000GTの価格は238万円で、トヨタ自動車の高級車であるクラウンが2台、大衆車のカローラが6台買える程の高価な値段。

当時の大卒者の初任給がおよそ26,000円くらいだったから、今の値段だと1,500万円から2,000万円程度だと思われる。

とてもじゃないが、我が家にとっては想像を絶する超~高額車(@_@;)であった。







しかし赤字生産が続き、トヨタのイメージリーダーカーとして十分な役割を果たしたとの

判断から、惜しくも1970年で生産は終了した。





我が家の書庫には『007シリーズ』のVHSがあるのですが【全巻ではない】、

それをDVDに焼きなおそうと思い、また観てしまった中に『出演』していましたよ。(^○^)



この2000GTは、日本を舞台にした映画「007は二度死ぬ」第5作で使用され、ショーン・コネリー扮するジェームズ・ボンドを乗せて走り回った。このためボンドカーと言われることがあるが、2000GTはジェームズ・ボンドのためにイギリス秘密情報部が用意した特装車ではなく、丹波哲郎率いる日本情報部の車という設定であるため、厳密にはボンドカーではない。



映画内ではボンドではなく日本情報部の女性、ボンドガール役アキ(若林映子)が2000GTを運転していたが、彼女は自動車免許を持っていなかったために停車状態での撮影が多用され、また走行中の遠景の撮影では日本人の男性ドライバーが長髪のかつらを被って女優のスタンド・インを勤めた、との話。そういえば浜美枝も若かったねぇ。(^◇^)

Copyright(C)2008Coolsan All Rights Reserved.



nice!(26)  コメント(15) 
大人の憧憬 ブログトップ
メッセージを送る